女性がストレスがない結婚相手を選ぶポイント3つ

結婚相手、男性の経済力は関係あるの?

昔は結婚相手の年収はかなり重要なポイントでした。しかし共働きができる現在、平均的な収入の男性であれば、結婚相手に決めていいです。年収が高いからといっても幸せなことばかりではありません。お金の使い方に関して価値観が同じ夫婦のほうがうまくいきます。また男性の両親になにかと援助してもらうようなことがあっても女性にとって負担になります。これからは自分が好きになった人が年収が高くないことも多くなります。女性は自分で働くことを考えたほうが、チャンスが増えます。

同居や2世帯住宅はうまくいかない

恋愛でもお見合いでも結婚するときに、相手の親と同居あるいは2世帯住宅を建てようという男性がいます。昔から祖父母と一緒に暮らし、長男で自分も同じような生活がしたいと考えている男性です。また自営業の場合は仕事先と家が一緒の場合もありますね。同居や2世帯住宅はほとんどの場合はうまくいきません。うまく言っているとお姑さんやお嫁さんが言われる場合は、誰かががまんしています。そしてそれは夫のストレスにもなります。健康な家庭を作りたければ避けるべきです。

夫婦別財布ってうまくいくの?

昔はほとんどの場合は女性が家計を握っていました。しかし共働きが多くなった現在、財布を別にしている夫婦も増えました。生活費を同じだけだして暮らすスタイルです。父親、母親世代から言うと考えられないかもしれません。実際にうまくいっている家庭もあります。どのような夫婦がうまくいっているかというと、お互いに経済力があること。無駄遣いをしないこと。出産や育児の時は、男性が負担すること。男性に思いやりがないと別財布の夫婦はうまくいきません。家や子供の教育費、老後の資金など考えると財布は同じのほうが、貯金はしやすいです。

マリッジリングとの違いをご存知でしょうか。一言でまとめるとマリッジリングは男女ペアのものですが、エンゲージリングは男性から女性にプレゼントするものです。