誰もの記憶に残る結婚式に!ゲストが喜ぶ演出とは?

演出は派手なものである必要はない

結婚式の演出といえば、人の目を引くような派手な演出を思い浮かべがちです。しかし、新郎新婦やゲストが本当に楽しめる、思い出に残る演出というのは、必ずしも華やかできらびやかなものだけではありません。例えば、主人公である2人とゲストが写真撮影できる十分な時間をとる、といったことも、人生の門出の瞬間を多くの人と触れ合いながら共有できる、貴重な演出と言えるでしょう。また、できたての熱い料理を味わってもらうため、余興を挟まないタイミングで出す、といったゲストに配慮した演出も喜ばれますね。

ゲスト参加型演出も定番

ゲストに積極的に参加してもらう演出も、検討の価値ありです。映像演出の最後のエンドロールにそれぞれのゲストの名前を入れ、メッセージを入れるなどすると、ゲストとの絆やつながりを感じさせる演出となるでしょう。また、お色直し後の新婦のドレスやブーケの色などを当てるクイズも、定番ですね。新郎新婦入場で正解発表となるので、わくわく感も演出できます。正解者のための賞品を用意すると、より会場も盛り上がるでしょう。

ゲスト視点で演出を考えることが何よりも大事

このように、結婚式の演出を考える際は、ゲストの視点に立つことが大切になります。自分が呼ばれる側だったら、どのような演出が思い出に残るか、感動するか、ということをイメージしてみます。本当に思いが込められた演出ならば、そこにかけられるお金などには関係なく、人々の心に届くはずです。いろいろな演出の提案をされることも多いと思いますが、この基本的な視点をベースにして、結婚式のプランを立てていきたいものですね。

鶴岡八幡宮で結婚式ならば伝統的な挙式を実現できます。新郎新婦はもちろん、参列者の誰もが感動できる挙式になります。