結婚指輪選びで失敗しないための3つのポイント

デザインはシンプルなものがおすすめ

結婚指輪は永遠の愛の証として二人が交換しあうものです。だから結婚指輪選びには、絶対に失敗できないですよね。結婚後に悔やまないための結婚指輪選びのポイントをご紹介します。デザインは、やはりシンプルなものが良いでしょう。一生使うものですし、どんな服装のときでも違和感の出ないものがおすすめです。シンプルなデザインといっても、最近では単純なストレートなものだけでなく、S字を描くようにゆるやかにカーブしたものや、U字・V字型でアクセントをつけたものもありますので、選択の幅は広がっています。

結婚指輪の素材はプラチナがおすすめ

結婚指輪の素材としては、やはりプラチナが定番ですよね。プラチナは汗や酸にも強く、その白い輝きはとても上品です。価格的には金よりも少しだけ効果ですが、やはりプラチナがおすすめです。プラチナの純度によって、Pt999・Pt950・Pt900と値段も変わってきます。プラチナの純度が上がると硬度が低くなるため、どうしても変形しやすくなります。生涯指にはめるものとして耐久性を考えると、Pt900・Pt950を選ぶのがよいでしょう。

信頼できるお店で選ぼう

やはり、信頼できるお店で選ぶことが大切ですよね。実際にお店に行ってみて、いろいろと相談してみましょう。キチンしたお店なら面倒がらずに親身に答えてくれるはずです。また、予算はハッキリと伝えることが重要です。お店によっては、既成品とそう変わらない価格でフルオーダーできたりしますので、予算内でどんなことが可能か相談してみましょう。結婚指輪は、永遠の愛の証として一生涯指にはめるものです。だから慎重に選びましょうね。

エンゲージリングは、婚約をしたカップルが、お互いの左手の薬指に付ける指輪です。主に、男性から女性に渡す事が多いとされています。