結婚式にあった!男性に出来る夫婦円満のための2つのポイント

新郎5分で新婦5時間

結婚式と言えばドレスや白無垢などの衣装選びがありますよね。女性の洋服選びは時間が長くて付き合ってられないよ!なんて男性が多いでしょうが、結婚式の衣装選びは人生でとても重要な事になるのが女性なのです。一番美しく溢れんばかりの祝福に包まれる。女性ならば誰もが憧れるものですね。その大切な衣装選びを面倒くさそうな顔や飽きている風に態度に出すと、新婦の心象は大変悪くなり自分には興味がないのか?ちゃんと見てくれていないのか?っと一気にネガティブ思考に走りがちです。新郎の衣装は短めの時間でさっと決め、新婦の衣装選びには時間を惜しまず、新婦が満足するような衣装を気が済むだけ試着してもらいましょう。そんな些細なことで、新婦は私をしっかり見てくれる人、私のためにこんなに時間を割いてくれるのだからこれから先も大切にしてもらえる。と新郎に対するさらなる信頼が生まれてきます。信頼は円満生活には欠かせないものです。

頼れる心優しい新郎に!

結婚式当日、新郎も色々と忙しいでしょう。しかし新婦はその倍忙しいと思ってくださいね。早めに会場入りし花嫁様へと大変身をしなくてはならいのです。当然ゆっくり食事をとる時間もありません。披露宴で皆さんがお食事中でも衣装のせいでうまく動けずに食べ物に手が届かなかったり、お祝いの言葉をかけに来てくれた招待客をむげにはできません。新郎さんも祝杯の総攻撃で大変ですが、空腹のうえ照明でのぼせ気味のさなかの新婦にも祝杯攻撃はきます。そんな時さりげなく新郎側のお酒を捨てる用のバケツを新婦にも用意するようにしてみてください。空腹と衣装の締め付け、お酒でダウン寸前の花嫁には誰よりも頼れる心優しい旦那様に見えてくるものです。二人だけしかわからない結婚式の最中の新婦の体調をも気遣える。この心遣いはのちの生活で新郎への配慮となり心地よい生活を送るためのカギとなります。

出来ることならもう一つ

結婚式の当日、新婦は緊張と衣装のために本当に空腹です。途中で何か食べるなんて時間もないスケジュール。そんな新婦のためにコンビニでサンドイッチやおにぎり、菓子パンなどを用意してみてください。お化粧をしながらでも衣装交換をしている合間でも食べられる簡単なものを作るのではなく、あえて買ってきて用意しておくことがポイント。手作りだと新婚生活の食事を作るであろう新婦にプレッシャーになります。会場に来るときに、新婦の食事が心配になって買ってきたんだよ!ってさりげなさが新婦の心にしみて、新婚生活での些細な喧嘩ぐらいは我慢でき笑顔で聞き流してもらえるくらいの効果となります。結婚式は新婦が主役です。満足のいく結婚式にすることで新婦は新郎に感謝と信頼を抱きます。感謝と信頼は夫婦生活では欠かせない鍵です。喧嘩をしていても感謝を思い出せば歩み寄れます。信頼があればあらぬ疑いや詮索もなくなります。夫婦円満のために少しやってみて下さいね。

高崎の結婚式場は、その充実したサービスで有名です。全国の式場の関係者が、毎日ひっきりなしに見学に訪れるほどです。